治療について 治療について

マウスピース(プレート)矯正

近年、マウスピース型矯正装置を用いた矯正治療が注目されています。
つるかわ楠原歯科医院では日本において一番シェアがあるアソアライナーという透明で薄く審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置で矯正をおこなっております。
ワイヤー矯正を好まない方や軽度の前歯の症例など症例を選択すればとても有効的な処置であります。
装置の作用原理は、材料の弾性と咬みこみ運動を利用し必要な矯正力を必要な部位に加えることで歯を移動させる仕組みです。
最短でワイヤーなどをつけない矯正が2週間後からはじめられます。

マウスピース矯正治療の治療の流れ

1診断・分析(歯科医院)

患者さんの気になさっているところ、希望を歯科医師がしっかりと話を聞きます。診査として、口腔内写真 レントゲン 歯周病検査 型取りをおこないます軽度歯並びのずれであればこの時点で診査は完了し、次回にはに最終完成予想の歯型模型を作製とマウスピースがセットできます。

2コンサルテーション

最終完成予想の歯型模型を作製し専用ソフトを用いて歯の移動を患者さんと一緒に確認します。

3マウスピース矯正開始

診査診断後、作製したマウスピーストを使用を最短で2週間後から矯正が開始できます。患者さんの状態によって期間は異なりますがこの時点でおおよその矯正期間は呈示します。ソフト.5mm、ミディアム,6mm、ハード.8mmのアライナーを3種、もしくは2種使用してもらう。装着時間は長ければ長いほど早く歯は動きます。2〜4週間に一度来院されてチェックと歯型とり、マウスピースの交換をすることを繰り返します。

患者さんの利点は・・・
  • 違和感がすくない
  • 歯科治療と並行しておこなえる
  • 人前に出る仕事の人でもできる
  • いつでもやめられる

つるかわ楠原歯科医院のマウスピース矯正の症例

  • 23歳 女性
  • 主訴 前歯の見た目を治して欲しい 歯茎が腫れている
  • 治療期間 6ヶ月