治療について 治療について

義歯(入れ歯)

入れ歯とは、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいい患者様の状況によって使い分けることが出来ます。 入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)とに分けられます。 近年インプラントが注目を集めていますが、入れ歯のメリットも決して無視できる物ではないのです。

金属の止め具のない入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、バネを架ける歯を全体的に削り被せない、金属の止め金等を一切使用しない、審美性に優れた義歯です。
スーパーポリアミドというプラスチック系のナイロン素材で半透明で歯ぐきの色と似ており、軽くて弾力性があり、破折に強い素材です。

ノンクラスプデンチャーの特徴

・ほとんど目立ちません。
・金属アレルギーの心配がありません。
・材質がプラスチックなのでやわらかいのに丈夫です。
・丈夫で薄く、軽量なので負担が軽いです。

金属を使用した入れ歯

コバルト床

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。 熱を伝えやすく清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。

チタン床

近年話題の最先端金属です。腐食せず、軽く、アレルギー反応を起こしにくい、 身体にやさしいチタンを使用します。
イオンプレート仕上げで金色に加工、清潔で美しい状態を永く保つことが出来ます。