医院紹介 医院紹介

歯科用CT

つるかわ楠原歯科医院では、YOSHIDA社の最新鋭歯科用CT「ファインキューブ」を導入しております。
歯科用CTは、CT撮影装置とコンピューター処理を行うことによって3次元で骨の状態などを診断することが可能です。
従来のレントゲンで得られなかった詳細な情報(骨の密度や厚みなど)も分かるようになり、インプラント治療や口腔外科、矯正歯科などの精密な技術を必要なものにとってより正確で安全な診断を行うことができます。

従来のレントゲンと歯科用CTの違い

従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんでした。
一方、歯科用CTを用いると3次元の立体画像が得られるため、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができ、より適切な診断・治療が可能となります。

歯科用CTのメリット

  • 正確・安全・安心な治療を提供
    歯科用CTスキャンのメリットとしては、通常のレントゲン写真と違い3次元での解析ができる為、より正確に精密な診断が可能になります。
  • より円滑に治療を行うことが可能
    院内に歯科用のCTスキャンがあることにより撮影⇒解析⇒診断が格段に迅速になり、治療をより円滑に行うことができます。
  • 幅広い歯科治療に対応可能
    インプラント治療だけではなく歯周病治療、根管治療、親知らずの治療、矯正治療など、幅広い歯科治療に対応することも可能です。