つるかわ楠原歯科医院

診療予約・お問い合わせはこちら 042-737-5255

マウスピース矯正

Posted at 13/02/20


日本人の食事が変わり顎が小さくなった現代、歯列矯正を必要としている人は9割と言われています。
もちろん人によってその度合いは違いますが、反対咬合や出っ歯のような顎の大きさの差異による症例だったり、
八重歯のように歯が歯槽提から溢れているような方はやはり大人になっても
しっかりと矯正装置をつけて治すことをおススメしています。

ただ、年齢とともに歯が少し動いて少し前歯が凸凹してきたのが気になる方や
前歯だけがガタガタしているような軽度の歯列不正には、
ワイヤーを使わない自分で取り外しができる透明なマウスピース状の装置での歯列矯正を
おススメがです。
作用原理はマウスピースの材料の弾性を利用し、必要な矯正力を必要な部位にのみ
加えることで歯を移動させる仕組みです。

歯に装置を接着しないため異物感や喋りにくさなどはあまりなく、
金属アレルギーの心配もありません。

矯正治療を始めても前と変わらず歯磨きができますし、見た目の心配がありません。
先ほども書きましたが、適応できる症例は限定されますが気になっている方は是非無料相談へ。